カテゴリー:GMOクラウドVPSについての記事一覧

RICK式アフィリエイト実践記

ポイントサイト・アンケートサイト・趣味を起点としたアフィリエイトの実践記です。

カテゴリー:GMOクラウドVPSについて

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化番外編:CloudFlareの導入

記事の概要

前回はSSHを用いてTunedの設定をしました。

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その8:Tunedの設定
記事の概要前回はPLESKを用いてApacheの設定をしました。今回はSSHを用いてTunedの設定を行います。SSHを用いてTunedの設定をする方法手順1Tera Term等のSSHターミナルソフトを利用してサーバーにroot権限でログインします。手順2以下のコマンドを入力して現在の状態を確認します。tuned-a

今回はPLESKを用いてCloudFlareの導入を行います。

PLESKでCloudFlareを導入する方法

CloudFlare側の設定

手順1

「CloudFlare」のサイトにアクセスします。

手順2

右上の「Sign Up」ボタンをクリックします。

手順3

Eメールとパスワードを入力してアカウントを作成します。

手順4

下記画像が表示されたら「CloudFlare」側の設定は完了です。

PLESKに「ServerShield By CloudFlare」の導入

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「拡張」をクリックします。

手順3

「ServerShield By CloudFlare」が導入されているかどうかを確認します。導入されていない場合は「拡張カタログ」をクリックします。

手順4

「ServerShield By CloudFlare」の右にある「インストール」ボタンをクリックします。

「ServerShield By CloudFlare」の設定方法

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「ホスティングサービス」の「ドメイン」をクリックします。

手順3

任意のドメインを選択します。

手順4

右側にある「ServerShield By CloudFlare」をクリックします。

手順5

下記画面が表示されたら先程入力したEメールアドレスとパスワードを入力します。

手順6

「CloudFlare」を有効にしたいドメインをOFFからONに切り替えます。(サブドメイン、つまり、”.”が2つ以上あるドメインは除く)

手順7

ONにしたドメインの隣に「CloudFlareを管理する」がついかされるのでそれをクリックします。

手順8

この画面でサブドメインに適用するか否か、簡易設定を行います。高度な設定は「CloudFlare」上でする必要があります。

まとめ

この記事ではPLESKを用いてCloudFlareの導入をする方法について書きました。

無料プランでもSSLを導入でき(相手のブラウザを選ぶかも)、サーバーの負荷分散もすることができます。

些細なことですが実践してみることをおすすめします。

前の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その8:Tunedの設定
記事の概要前回はPLESKを用いてApacheの設定をしました。今回はSSHを用いてTunedの設定を行います。SSHを用いてTunedの設定をする方法手順1Tera Term等のSSHターミナルソフトを利用してサーバーにroot権限でログインします。手順2以下のコマンドを入力して現在の状態を確認します。tuned-a

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その8:Tunedの設定

PLESK SSH

記事の概要

前回はPLESKを用いてApacheの設定をしました。

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その7:Apacheの設定
記事の概要前回はPLESKを用いてnginxとHTTP/2を導入しました。今回はPLESKを用いてApacheの設定を行います。PLESKでApacheの設定をする方法手順1PLESKにログインします。手順2PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「ツールと設定」をクリックします。手順3画面右側の「PLESK」の「

今回はSSHを用いてTunedの設定を行います。

SSHを用いてTunedの設定をする方法

手順1

Tera Term等のSSHターミナルソフトを利用してサーバーにroot権限でログインします。

手順2

以下のコマンドを入力して現在の状態を確認します。
tuned-adm list

手順3

以下のように表示されるので現在の状態を控えておきます。現在の状態は一番下の行に書かれています。
Available profiles:
- balanced                    - General non-specialized tuned profile
- desktop                     - Optmize for the desktop use-case
- latency-performance         - Optimize for deterministic performance at the cost of increased power consumption
- network-latency             - Optimize for deterministic performance at the cost of increased power consumption, focused on low latency network performance
- network-throughput          - Optimize for streaming network throughput.  Generally only necessary on older CPUs or 40G+ networks.
- powersave                   - Optimize for low power consumption
- throughput-performance      - Broadly applicable tuning that provides excellent performance across a variety of common server workloads.  This is the default profile for RHEL7.
- virtual-guest               - Optimize for running inside a virtual guest.
- virtual-host                - Optimize for running KVM guests
Current active profile: throughput-performance

手順4

以下のコマンドを入力し、Tunedの設定を”throughput-performance”に切り替えます。
tuned-adm profile throughput-performance

まとめ

この記事ではSSHを用いてTunedの設定をする方法について書きました。

Tunedをいじることで若干パフォーマンスを上昇させることができるようです。

些細なことですが実践してみることをおすすめします。

前の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その7:Apacheの設定
記事の概要前回はPLESKを用いてnginxとHTTP/2を導入しました。今回はPLESKを用いてApacheの設定を行います。PLESKでApacheの設定をする方法手順1PLESKにログインします。手順2PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「ツールと設定」をクリックします。手順3画面右側の「PLESK」の「

次の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化番外編:CloudFlareの導入
記事の概要前回はSSHを用いてTunedの設定をしました。今回はPLESKを用いてCloudFlareの導入を行います。PLESKでCloudFlareを導入する方法CloudFlare側の設定手順1「CloudFlare」のサイトにアクセスします。手順2右上の「Sign Up」ボタンをクリックします。手順3Eメールと

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その7:Apacheの設定

PLESK SSH

記事の概要

前回はPLESKを用いてnginxとHTTP/2を導入しました。

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その6:nginxとHTTP/2の導入
記事の概要前回はGoogleが提供しているapacheの拡張モジュールである「mod_pagespeed」を導入しました。今回はPLESKを用いてnginxとHTTP/2を導入します。PLESKにnginxを導入手順1PLESKにログインします。手順2PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「ツールと設定」をクリッ

今回はPLESKを用いてApacheの設定を行います。

PLESKでApacheの設定をする方法

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「ツールと設定」をクリックします。

手順3

画面右側の「PLESK」の「Apache ウェブサーバー」をクリックします。

手順4

「MPMモード」を”event”にした後適用する→OKの順にクリックします。

まとめ

この記事ではPLESKを用いてApacheの設定をする方法について書きました。

ApacheのMPMをeventにすることで若干高速化することができます。

些細なことですが実践してみることをおすすめします。

前の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その6:nginxとHTTP/2の導入
記事の概要前回はGoogleが提供しているapacheの拡張モジュールである「mod_pagespeed」を導入しました。今回はPLESKを用いてnginxとHTTP/2を導入します。PLESKにnginxを導入手順1PLESKにログインします。手順2PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「ツールと設定」をクリッ

次の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その8:Tunedの設定
記事の概要前回はPLESKを用いてApacheの設定をしました。今回はSSHを用いてTunedの設定を行います。SSHを用いてTunedの設定をする方法手順1Tera Term等のSSHターミナルソフトを利用してサーバーにroot権限でログインします。手順2以下のコマンドを入力して現在の状態を確認します。tuned-a

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その6:nginxとHTTP/2の導入

PLESK SSH

記事の概要

前回はGoogleが提供しているapacheの拡張モジュールである「mod_pagespeed」を導入しました。

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その5:mod_pagespeedの導入
記事の概要前回はPLESKに無料の証明書「Let’s Encrypt」を導入しました。今回はmod_pagespeedを導入します。mod_pagespeedとは?XServer等で提供されているWordPress等の表示速度を高速化するためのモジュールです。一時期XServer等でしか使用できないと思っていましたが、

今回はPLESKを用いてnginxとHTTP/2を導入します。

PLESKにnginxを導入

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「ツールと設定」をクリックします。

手順3

画面右側の「PLESK」の「アップデートとアップグレード」をクリックします。

手順4

「コンポーネントを追加/削除」をクリックします。

手順5

「Web hosting」を展開し、「Nginx web server and reverse proxy server」を展開します。その後、「Nginx Web Server」の左の▽をクリックし、”×”になっている場合は”×”を”✓”に変えます。その後”続ける”をクリックします。

手順6

あとは肯定的な選択肢を選択していくのみです。

PLESKに「Security Adviser」を導入

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「拡張」をクリックします。

手順3

「Security Adviser」が導入されているかどうかを確認します。導入されていない場合は「拡張カタログ」をクリックします。

手順4

「Security Adviser」の右にある「インストール」ボタンをクリックします。

PLESKに「Security Adviser」を使ってHTTP/2を導入

手順1

PLESKにログインしホーム画面を表示させます。

手順2

ホーム画面上部に下記画像のようなものが追加されているので「Check it out」をクリックします。

手順3

下記画像のような画面に遷移するので「System」をクリックします。

手順4

下記画像のような画面に遷移するので「Enable Nginx & HTTP/2」をクリックします。

「nginx」に何もさせたくない場合

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「ホスティングサービス」の「ドメイン」をクリックします。

手順3

「nginx」に何もさせたくないドメインを選択します。

手順4

「ApacheとNginxの設定」をクリックします。

手順5

「Nginxの設定」の「スマート統計ファイルを処理」、「静的ファイルをnginxで直接処理」のチェックを外し、「適用する」→「OK」の順にクリックします。

まとめ

この記事ではPLESKサーバー上のサイトにHTTP/2を導入する方法について書きました。

HTTP/2を導入するとサイトが高速化されます。特にSSL化したサイトではかなりの効果を発揮します。

SSL化と合わせて導入したい高速化手法です。

前の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その5:mod_pagespeedの導入
記事の概要前回はPLESKに無料の証明書「Let’s Encrypt」を導入しました。今回はmod_pagespeedを導入します。mod_pagespeedとは?XServer等で提供されているWordPress等の表示速度を高速化するためのモジュールです。一時期XServer等でしか使用できないと思っていましたが、

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss