カテゴリー:WordPressについての記事一覧

RICK式アフィリエイト実践記

ポイントサイト・アンケートサイト・趣味を起点としたアフィリエイトの実践記です。

カテゴリー:WordPressについて
「JetPack」のパブリサイズ共有にカスタム定型文を登録する方法

記事の概要

WordPressプラグインであるのJetPackには「パブリサイズ共有」というものがありますが、いまいち使いにくい部分があります。主に使いにくいとされるのは以下の2点でしょう。

  1. あらかじめ定型文を登録しておくことができない
  2. デフォルトの状態だとFacebookに全文(しかも改行なし)で投稿されてしまうのでカスタムメッセージを編集する必要がある

この記事ではfunctions.phpを編集することで「JetPack」のパブリサイズ共有にカスタム定型文を登録する方法について書きます。

「JetPack」のパブリサイズ共有にカスタム定型文を登録する方法

functions.phpあるいは「Code Snipets」に以下のコードを追加します。

function change_publicize_save_meta( $submit_post, $post_id, $service_name, $connection ){
    /*カテゴリの配列を取得*/
    $categories = get_the_category($post_id);
    /*先頭のカテゴリの名前を取得*/
    $category   = $categories[0]->cat_name;
    /*記事タイトルを取得*/
    $title      = get_the_title($post_id);
    /*パブリサイズ共有が有効な場合*/ 
    if ( !$publicize_custom_message ) {
        /*カスタムメッセージを編集*/
        $publicize_custom_message = sprintf( "記事【%s】を投稿しました。\nよかったら見に来てください!\n#アフィリエイト #WordPress #ネットビジネス #%s",$title ,$category);
        /*カスタムメッセージを適用*/
        update_post_meta( $post_id, '_wpas_mess', $publicize_custom_message );
    }
}

add_action( 'publicize_save_meta', 'change_publicize_save_meta', 10, 4 );
※2017年04月09日追記
  • JetPack4.8Xから$publicize_custom_messageからURLの部分が外され独立したようなので修正しました。
  • タグやカスタム分類を含めたものを使用すると投稿時び500エラーが発生する現象を確認したので削除しました。

解説のようなもの

カスタムメッセージの編集

24行目でどのようなカスタムメッセージを投稿するかを書いています。%sが3つありますが、この場合左から記事タイトル($titleに対応) 、記事の先頭カテゴリ($categoryに対応)を示しています。\nは改行を示しています。

#%sと書いている部分は記事先頭カテゴリをハッシュタグにする構文です。

注意事項

  • カテゴリーを複数選択した場合どのカテゴリーが反映されるのかわからないのでカテゴリの選択は1つにしておいてください。

まとめ

この記事では「JetPack」のパブリサイズ共有にカスタム定型文を登録する方法について書きました。

以前は「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」というプラグインを使っていましたが、このプラグインの重さが無視できなくなったため、「JetPack」のパブリサイズ共有に切り替えた次第です。

「JetPack」のパブリサイズ共有にカスタム定型文を登録する際には参考にしていただければ幸いです。

参考文献

WordPressのカテゴリページの記事の並び順を古い順にする方法

記事の概要

WordPressのデフォルトでのカテゴリページの記事の並び順は投稿日時が新しい順に設定されています。

カテゴリ内の記事に順番のような関係がない場合はそれでもいいです。しかし、記事を読む順番を指定したいときとかの場合、古い順に並べたいこともあるでしょう。

この記事ではWordPressのカテゴリページの記事の並び順を古い順にする方法について書いていきます。

WordPressのカテゴリページの記事の並び順を古い順にする方法

全てのカテゴリに適用する場合

functions.phpあるいは「Code Snipets」に以下のコードを追加します。

function my_pre_get_posts($query) {
    if (is_category()) {
        $query->set('order', 'ASC');
    }
}
add_action('pre_get_posts', 'my_pre_get_posts');

カテゴリを指定してに適用する場合

上記ソースコードの2行目の”is_category()”の部分を下記情報を参考に編集します。

is_category();
// 任意のカテゴリーアーカイブが表示されているとき
is_category(‘9’);
// カテゴリー ID が 9 のアーカイブが表示されているとき
is_category(‘Stinky Cheeses’);
// カテゴリー名 “Stinky Cheeses” のアーカイブが表示されているとき
is_category(‘blue-cheese’);
// カテゴリースラッグ “blue-cheese” のアーカイブが表示されているとき
is_category( array( ‘9’, ‘blue-cheese’, ‘Stinky Cheeses’ ) );
// カテゴリー ID が 9、スラッグが “blue-cheese”、カテゴリー名が “Stinky Cheeses”、のいずれかのアーカイブが表示されているとき。

まとめ

この記事ではWordPressのカテゴリページの記事の並び順を古い順にする方法について書きました。

カテゴリページを古い順に並び替えたいと思った時に参考にしていただければ幸いです。

参考文献

WordPressに記事をお気に入りに登録する機能を実装する方法

記事の概要

以前、お気に入りの記事のリストを登録して保存できるi2iブログパーツの「あとで読む」を実装していましたが、SSLには対応していませんでした。

代替案を探していたら「WP Favorite Posts」というプラグインで実装できそうだったのでその実装方法を紹介します。

「WP Favorite Posts」とは?

WordPressにお気に入りの記事のリストを登録して保存でき、ユーザーがその記事をあとで読めるようになる機能を追加できるプラグインです。

「WP Favorite Posts」の導入方法

手順1

WordPressの管理画面にログインします。

手順2

管理画面の左メニューの”プラグイン”をクリックします。
wp_plugin-001

手順3

”プラグイン”の中の”新規追加”をクリックします。
wp_plugin-002

手順4

画面右上の検索欄に”Search & Filter”と入力します。

手順5

下記画像のプラグインを探して”インストール”をクリックします。

手順6

”インストール”のボタンが”インストール中”を経て”有効化”ボタンに変わるので、”有効化”ボタンをクリックしたらインストールは完了です。

「WP Favorite Posts」の設定方法

今回はカテゴリを並び替える方法について解説します。カテゴリ型のカスタム分類も同様の手順で並び替えられます。

手順1

WordPressの管理画面の左メニューの”設定”にカーソルを持っていき、”WP Favorite Posts”をクリックします。

手順2

オプションは特に編集する必要はないでしょう。強いて言えば、お気に入りの表示数を設定するくらいでしょう。

手順3

ラベルの文言設定を編集します。デフォルトでは英語なので日本語に書き換えておきましょう。

手順4

高度な設定は特に弄る必要はないでしょう。

手順5

お気に入りに追加・削除するリンクを設置する場所に以下のコードを貼り付けます。ウィジェットに設置する場合は「PHP Text Widget」を導入しましょう。
<?php wpfp_link() ?>

手順6

お気に入りリストを設置する場所に以下のコードを貼り付けます。ウィジェットに設置する場合は「PHP Text Widget」を導入しましょう。
<?php wpfp_list_favorite_posts(); ?>

私の場合

私は「Kaeten WP」を使用しています。「Kaeten WP」には豊富なフリースペースや記事装飾が内蔵されています。

私はこの機能を活用し、2箇所に設置しています。

記事内下部フリースペース

<h2 class="h2-03-main mb1">あとでじっくり読みたい方はこちら</h2>
<div class="tac">
<?php wpfp_link() ?>
</div>

左サイドバーウィジェット

<div align="center">
<div class="box-02">
<?php wpfp_list_favorite_posts(); ?>
</div>
<?php wpfp_link() ?>
</div>

まとめ

この記事ではWordPressにお気に入りの記事のリストを登録して保存でき、ユーザーがその記事をあとで読めるようになる機能を追加できる「WP Favorite Posts」を紹介しました。

このプラグインを導入することでユーザーはあとで読もうと思った記事を登録しておくことができます。

ユーザビリティを重視する方はぜひ導入してみてください。

WordPressに無広告&無料の逆アクセスランキングを設置する方法

記事の概要

この記事ではWordPressにサーバーに設置さえすれば誰でも簡単に使える無広告&無料の逆アクセスランキング「simaccess」を紹介します。

「simaccess」とは?

サーバーさえあれば誰でも簡単に設置可能な無広告&無料の逆アクセスランキングです。

「simaccess」の設置方法

手順1

「simaccess」の公式サイトを訪問します。

手順2

以下画像の部分をクリックして「simaccess」をダウンロードします。

手順3

ダウンロードしたら「Bandizip」等の解凍ソフトで”simaccess.zip”を解凍します。

手順4

解凍してできた”simaccess”フォルダをFTPであなたのドメインのルートフォルダにアップロードします。

手順5

サーバー上の”simaccess”フォルダを開き、構成ファイルのパーミッションの変更を行います。

手順6

WordPressに「PHP Text Widget」を導入し、テキストウィジェットに以下のコードを追加します。URLの部分はあなたのドメイン・環境に合わせて変更してください。
<?php echo file_get_contents("https://affiliate.rick-addison.com/simaccess/rank.html"); ?>
<script type="text/javascript"><!--
document.write("<script type=\"text/javascript\" src=\"https://affiliate.rick-addison.com/simaccess/access.php?referrer=" + document.referrer + "\"></script>");
// --></script>

「simaccess」の設定方法

手順1

http://(あなたのサイトのURL)/simaccess/にアクセスします。

手順2

初回はユーザー名は”admin”、パスワードは”pass”でログインします。

手順3

現在のランキングが確認できるページが表示されるので”設定”をクリックします。

手順4

下半分の項目を使用して、ユーザー名・パスワードを変更します。設定が終わったら下側の”設定更新”ボタンをクリックします。この際、上側の設定は反映されないので注意が必要です。

手順5

ログイン画面に戻るので、先程設定したユーザー名・パスワードでログインし、設定画面に戻ってきます。

手順6

上半分の項目を使用してランキングの設定を行います。設定が終わったら上側の”設定更新”ボタンをクリックします。

手順7

”置換 URL 設定”でURLの置換設定を行います。

手順8

”拒否 URL 設定”で拒否URLの設定を行います。

手順9

”生ログ”ではいつどこからアクセスされたのかを確認できます。

手順10

”過去のランキング”では過去のランキングの参照・整理ができるようです。

手順11

”ランキングファイル”ではランキングがどのように表示されるか確認できます。また”ランキング更新”をクリックすると強制的にランキングファイルを生成できます。

「simaccess」のランキングのデザインの変更方法

”simaccess”フォルダを開き、”class”フォルダを開いたところにある”class.access.php”を編集します。

編集箇所は126~129行目、145~155行目、162~165行目です。

デフォルトのデザインの記述

126~129行目

        // 以下の HTML 部分を編集
        // 始まりに表示する部分です
        $html = '<ol class="ranking">';
        // ここまで

145~155行目

            // 以下の HTML 部分を編集
            // ループ部分です。ランキングの数だけ繰り返されます。
            /*
            $rank       : 順位
            $url[$i]    : アクセス元の URL
            $name[$i]   : 表示する文字列
            $count[$i]  : アクセス数
            */
            $html .= '
            <li><span>'.$rank.'</span><a href="'.$url[$i].'" title="'.$name[$i].'">'.$name[$i].'</a></li>';
            // ここまで

162~165行目

        // 以下の HTML 部分を編集
        // 終に表示する部分です。
        $html .= '</ol>';
        // ここまで

私が採用しているのデザインの記述

126~129行目

        // 以下の HTML 部分を編集
        // 始まりに表示する部分です
        $html = '<table class="table-00 mb1" style="width: 100%; font-size: 12px;"><thead><tr><th>順位</th><th>サイト名</th><th>PV</th></tr></thead><tbody>';
        // ここまで

145~155行目

            // 以下の HTML 部分を編集
            // ループ部分です。ランキングの数だけ繰り返されます。
            /*
            $rank       : 順位
            $url[$i]    : アクセス元の URL
            $name[$i]   : 表示する文字列
            $count[$i]  : アクセス数
            */
            $html .= '<tr><td>'.$rank.'</td><td><a href="'.$url[$i].'" title="'.$name[$i].'">'.$name[$i].'</a></td><td>'.$count[$i].'</td></tr>';
            // ここまで

162~165行目

        // 以下の HTML 部分を編集
        // 終に表示する部分です。
        $html .= '</tbody></table>';
        // ここまで

まとめ

この記事ではWordPressにサーバーに設置さえすれば誰でも簡単に使える無広告&無料の逆アクセスランキング「simaccess」を紹介しました。

無広告で無料で使用でき、置換条件も臨機応変に対応できる素晴らしい逆アクセスランキングのためのスクリプトです。

デフォルトデザインが玉に瑕ですが、箇条書きから表形式にに書き換える方法も紹介しました。

WordPressで逆アクセスランキングを設置する場合、「simaccess」は簡単に設置できて便利なので皆さんも設置してみてはいかがでしょうか?

追記

公式サイトが閉鎖(?)されダウンロードできないのでダウンロードリンクを設置します。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss