カテゴリー:管理画面のカスタマイズ系の記事一覧

RICK式アフィリエイト実践記

ポイントサイト・アンケートサイト・趣味を起点としたアフィリエイトの実践記です。

カテゴリー:管理画面のカスタマイズ系

痒いところに手が届くWordPressのカスタマイズ用プラグイン

wp-total-hacks

記事の概要

WordPressをカスタマイズしたいけどfunctions.phpをいじるのはなんか嫌。

この記事ではそんな方におすすめのWordPress設定を自分好みにカスタマイズできる「Takayuki Miyauchi」様の「WP Total Hacks」を紹介します。

「WP Total Hacks」とは?

functions.phpをいじらずともある程度のWordPressのカスタマイズが可能になるプラグインです。

「WP Total Hacks」の導入方法

手順1

WordPressの管理画面にログインします。

手順2

管理画面の左メニューの”プラグイン”をクリックします。
wp_plugin-001

手順3

”プラグイン”の中の”新規追加”をクリックします。
wp_plugin-002

手順4

画面右上の検索欄に”WP Total Hacks”と入力します。
wp-total-hacks_001

手順5

下記画像のプラグインを探して”WP Total Hacks”をクリックします。
wp-total-hacks_002

手順6

”インストール”のボタンが”インストール中”を経て”有効化”ボタンに変わるので、”有効化”ボタンをクリックしたらインストールは完了です。

「WP Total Hacks」によるカスタマイズ方法

手順1

WordPressの管理画面の左メニューの”設定”にカーソルを持っていき”WP Total Hacks”をクリックします。
wp-total-hacks_003

手順2

ここでは”サイト設定”の”すべてのピンバックを拒否”の設定を行ってみたいと思います。よって”すべてのピンバックを拒否”をクリックします。
wp-total-hacks_004

手順3

メニューが表示されるので設定を行います。他の項目も同様にして行います。設定が完了したら”変更を保存”をクリックします。
wp-total-hacks_005

手順4

”投稿&ページ”の設定項目です。
wp-total-hacks_006

手順5

”外観”の設定項目です。
wp-total-hacks_007

手順6

”その他”の設定項目です。
wp-total-hacks_008

まとめ

この記事では、functions.phpをいじらずともある程度のWordPressのカスタマイズが可能になる「WP Total Hacks」を紹介しました。

functions.phpや「Code Snippets」を使用してWordPressをカスタマイズしたくない方にうってつけのプラグインといえるでしょう。

このプラグインを活用してWordPressの各種機能をを自分好みに仕立て上げませんか?

WordPressの管理画面の各種一覧をカスタマイズできる「Admin Columns」

admin_columns

記事の概要

WordPressの管理画面の投稿一覧や固定ページ一覧ではデフォルトではアイキャッチ画像を表示する設定にはなっていません。

functions.phpで対応する方法もありますが、現在公開されている手法だと余計なところにもアイキャッチ画像を表示しようとしています。

この記事ではWordPressの管理画面の投稿や固定ページ等の一覧に表示する内容を個別に設定できるプラグインである「AdminColumns.com」様の「Admin Columns」を紹介します。

「Admin Columns」とは?

WordPressの管理画面の各種一覧に表示する内容を個別に設定できるプラグインです。

「Admin Columns」の導入方法

手順1

WordPressの管理画面にログインします。

手順2

管理画面の左メニューの”プラグイン”をクリックします。
wp_plugin-001

手順3

”プラグイン”の中の”新規追加”をクリックします。
wp_plugin-002

手順4

画面右上の検索欄に”Admin Columns”と入力します。
admin_columns_001

手順5

下記画像のプラグインを探して”インストール”をクリックします。
admin_columns_002

手順6

”インストール”のボタンが”インストール中”を経て”有効化”ボタンに変わるので、”有効化”ボタンをクリックしたらインストールは完了です。

「Admin Columns」で投稿一覧にアイキャッチ画像を設定する方法

手順1

WordPressの管理画面の左メニューの”設定”にカーソルを持っていき”Admin Columns”をクリックします。
admin_columns_003

手順2

”列の追加”をクリックします。
admin_columns_004

手順2

”タイプ”を”注目画像”に設定し、サイズや幅等を設定後”更新”をクリックします。
admin_columns_005

まとめ

この記事では、WordPressプラグイン「Admin Columns」を用いて投稿一覧にアイキャッチ画像を設定する方法について書きました。

他にも様々なものを表示したり、非表示にしたり、並び替えたりといった事ができます。

このプラグインを活用してWordPressの管理画面の各種一覧を自分好みに仕立て上げませんか?

「Auto Post Thumbnail」の不具合を解消する方法を考えてみた

auto_post_thumbnail

記事の概要

この記事では、「Auto Post Thumbnail」において記事投稿時にすでにアップロードされる画像を複製してしまう不具合を修正する方法について書きます。

「Auto Post Thumbnail」については以下の記事をお読みください。

WordPressで記事の先頭の画像を自動的にアイキャッチ画像に指定する方法
記事の概要この記事ではWordPressで記事の先頭の画像を自動的にアイキャッチ画像に指定できる「Aditya Mooley , Tarique Sani」氏の「Auto Post Thumbnail」を紹介します。「Auto Post Thumbnail」とは?記事の先頭の画像を自動的にアイキャッチ画像に指定してくれ

不具合を修正しようと思ったきっかけ

不具合を修正するにあたって以下のサイトを参考にしました。

コピペ一発でWordPressの投稿時にアイキャッチを自動設定させるカスタマイズ方法(YouTube対応版)
WordPressのテーマに、Auto Post Thumbnailプラグインのようなアイキャッチ自動設定機能を付け加えるカスタマイズ方法の紹介です。投稿本文にYouTubeの埋め込みが挿入されていた場合は、動画のサムネイルを取得して、アイ

上記の記事にあるスクリプトを導入すれば新着記事のアイキャッチの設定は楽になるのですが、過去記事には対応していないようでした。

やはり過去記事に適用するには「Auto Post Thumbnail」に頼らざるを得ないと考え、上記記事を参考に自分なりに修正方法を考えてみました。

不具合を修正する方法

「Auto Post Thumbnail」の”auto-post-thumbnail.php”を以下のように修正します

修正前

            // If thumb id is not found, try to look for the image in DB. Thanks to "Erwin Vrolijk" for providing this code.
            if (!$thumb_id) {
                $image = substr($image, strpos($image, '"')+1);
                $result = $wpdb->get_results("SELECT ID FROM {$wpdb->posts} WHERE guid = '".$image."'");
                if($result){
                    $thumb_id = $result[0]->ID;
                }
                
            }

修正後

            // If thumb id is not found, try to look for the image in DB. Thanks to "Erwin Vrolijk" for providing this code.
            if (!$thumb_id && ( strpos($image, site_url()) !== false )) {
                //$image = substr($image, strpos($image, '"')+1);
                preg_match('/src *= *"([^"]+)/i', $image, $m);
                $image = $m[1];
                if ( isset($m[1]) ) {
                    //wp_postsテーブルからguidがファイルパスのものを検索してIDを取得
                    $result = $wpdb->get_results("SELECT ID FROM {$wpdb->posts} WHERE guid = '".$image."'");
                    //IDをサムネイルをIDにセットする
                    if ( isset($result[0]) ){
                        $thumb_id = $result[0]->ID;
                    }
                }
                //サムネイルなどで存在しないときはフルサイズのものをセットする
                if ( !$thumb_id ) {
                    //ファイルパスの分割
                    $path_parts = pathinfo($image);
                    //サムネイルの追加文字列(-680x400など)を取得
                    preg_match('/-\d+x\d+$/i', $path_parts["filename"], $m);
                    //画像のアドレスにサイト名が入っていてサムネイル文字列が入っているとき
                    if ( isset($m[0]) ) {
                        //サムネイルの追加文字列(-680x400など)をファイル名から削除
                        $new_filename = str_replace($m[0], '', $path_parts["filename"]);
                        //新しいファイル名を利用してファイルパスを結語
                        $new_filepath = $path_parts["dirname"].'/'.$new_filename.'.'.$path_parts["extension"];
                        //wp_postsテーブルからguidがファイルパスのものを検索してIDを取得
                        $result = $wpdb->get_results("SELECT ID FROM {$wpdb->posts} WHERE guid = '".$new_filepath."'");
                        //IDをサムネイルをIDにセットする
                        if ( isset($result[0]) ){
                            $thumb_id = $result[0]->ID;
                        }
                    }
                }
            }

修正パッチも作ってみた

自分でいうのも難ですが結構ソースコードをいじるのにかなり苦戦したので修正パッチも作ってみました。以下適用方法です。

手順1

「Auto Post Thumbnail」のプラグインのダウンロードページから「Auto Post Thumbnail」をダウンロードします。
auto_post_thumbnail_patch_001

手順2

「Auto Post Thumbnail」の修正パッチをダウンロードします。
auto_post_thumbnail_patch_002

手順3

ダウンロードした2つのファイルを解凍します。
auto_post_thumbnail_patch_003

手順4

”Auto Post Thumbnail Patch.exe”を実行します。
auto_post_thumbnail_patch_004

手順5

警告文が表示されるので確認後”閉じる”をクリックします。
auto_post_thumbnail_patch_005

手順6

更新するか否かを尋ねられるので”はい”をクリックします。
auto_post_thumbnail_patch_006

手順7

”参照”をクリックします。
auto_post_thumbnail_patch_007

手順8

”auto-post-thumbnail”フォルダを選択して”OK”をクリックします。
auto_post_thumbnail_patch_008

手順9

”OK”をクリックします。
auto_post_thumbnail_patch_009

手順10

書き換えが実行されます。その後”閉じる”をクリックします。
auto_post_thumbnail_patch_010

手順11

パッチを実行した”auto-post-thumbnail”フォルダをFTPでWordpressの”wp-content”→”plugin”フォルダにアップロードします。
auto_post_thumbnail_patch_011

注意事項および備考

まとめ

この記事では、「Auto Post Thumbnail」において記事投稿時にすでにアップロードされる画像を複製してしまう不具合を修正するパッチを公開してみました。

「Auto Post Thumbnail」で不要な画像が生成されるのが嫌な方は試してみてください。

参考になるコードを公開してくださった「わいひら」氏にこの場を借りてお礼申し上げます。

記事を更新するたびに増えていくリビジョンを停止させる方法

記事の概要

この記事では、記事を更新するたびにどんどん増えていきデータベースを圧迫していくリビジョンを停止できる「Slaver」氏の「Disable Revisions」を紹介します。

「Disable Revisions」とは?

記事を更新するたびにどんどん増えていきデータベースを圧迫していくリビジョンを完全に停止できるプラグインです。

「Disable Revisions」の導入方法

手順1

WordPressの管理画面にログインします。

手順2

管理画面の左メニューの”プラグイン”をクリックします。
wp_plugin-001

手順3

”プラグイン”の中の”新規追加”をクリックします。
wp_plugin-002

手順4

画面右上の検索欄に”Disable Revisions”と入力します。
disable-revisions-001

手順5

下記画像のプラグインを探して”インストール”をクリックします。
< div class="clear tac mb1">disable-revisions-002/div>

手順6

”インストール”のボタンが”インストール中”を経て”有効化”ボタンに変わるので、”有効化”ボタンをクリックしたらインストールは完了です。

まとめ

この記事ではWordPressのリビジョン機能を停止できる「Disable Revisions」を紹介しました。

このプラグインは導入すると特に設定も必要なく使えます。

リビジョン機能が鬱陶しいと思った方はぜひ導入してみてください。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss