この記事は約 3 分で読めます ( 約 1270 文字 )

PLESK SSH

記事の概要

前回はPLESKが搭載されたCentOS7.xでyumを使用する前にしておくことについて書きました。復習したい方は下記リンクよりどうぞ。

CentOS7.X×PLESK上でWordPressを高速化するための準備その1
記事の概要PLESKは非常に便利なのですが、WordPressの高速化やDOS攻撃対策等を考えると付属されているアプリケーションが足りません。CentOS上においてはPLESKでインストールできないアプリケーションを導入する際はyumを使うのが一般的ですが、何も設定せずにyumを使うとアップデートが正常に終了しないばか

PLESKが搭載されたCentOS7.xに搭載されたyumではインストールできるアプリケーションに限りが出てきます。

この記事ではyumでインストールできるアプリケーションを増やすため、EPELリポジトリ、Remiリポジトリを追加する方法について書きます。

CentOS7.xにEPELリポジトリを追加する方法

手順1

Tera Term等のSSHターミナルソフトを利用してサーバーにroot権限でログインします。

手順2

以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。EPELリポジトリがインストールされます。
yum install epel-release

手順3

インストールが終わったら下記コマンドを入力してEnterキーを押します。

vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

手順4

”i”を押して編集モードにし、”enabled=1”を全て”enabled=0”に書き換えます。

手順5

編集が終わったら”ESCキー”→”:wq”→”Enterキー”の順に入力して保存します。

CentOS7.xにRemiリポジトリを追加する方法

手順1

Tera Term等のSSHターミナルソフトを利用してサーバーにroot権限でログインします。

手順2

以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。remi-release-7.rpmのダウンロードが開始されます。
wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

手順3

以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。Remiリポジトリがインストールされます。
rpm -Uvh remi-release-7.rpm

手順4

インストールが終わったら下記コマンドを入力してEnterキーを押します。

vi /etc/yum.repos.d/remi.repo

手順5

”i”を押して編集モードにし、”enabled=1”を全て”enabled=0”に書き換えます。

手順6

編集が終わったら”ESCキー”→”:wq”→”Enterキー”の順に入力して保存します。

まとめ

この記事ではyumでインストールできるアプリケーションを増やすため、EPELリポジトリ、Remiリポジトリを追加する方法について書きました。

これらのリポジトリを導入することでインストールできるアプリケーションを増やすことができます。

しかし、アップデート時に競合が生まれる恐れが有るため、通常時は無効化するよう設定しました。

これらのリポジトリからアプリケーションをインストールする方法についてはその時なっったら書いていく予定です。

参考サイト

前の記事はこちら

CentOS7.X×PLESK上でWordPressを高速化するための準備その1
記事の概要PLESKは非常に便利なのですが、WordPressの高速化やDOS攻撃対策等を考えると付属されているアプリケーションが足りません。CentOS上においてはPLESKでインストールできないアプリケーションを導入する際はyumを使うのが一般的ですが、何も設定せずにyumを使うとアップデートが正常に終了しないばか

次の記事はこちら

CentOS7.X×PLESK上でWordPressを高速化するための準備その2
記事の概要前回はPLESKが搭載されたCentOS7.xでyumを使用する前にしておくことについて書きました。復習したい方は下記リンクよりどうぞ。PLESKが搭載されたCentOS7.xに搭載されたyumではインストールできるアプリケーションに限りが出てきます。この記事ではyumでインストールできるアプリケーションを増