この記事は約 1 分で読めます ( 約 442 文字 )

PLESK SSH

記事の概要

前回までにSSHを使ってyumの設定、epelリポジトリの追加、remiリポジトリの追加を行いました。

CentOS7.X×PLESK上でWordPressを高速化するための準備その1
記事の概要PLESKは非常に便利なのですが、WordPressの高速化やDOS攻撃対策等を考えると付属されているアプリケーションが足りません。CentOS上においてはPLESKでインストールできないアプリケーションを導入する際はyumを使うのが一般的ですが、何も設定せずにyumを使うとアップデートが正常に終了しないばか

CentOS7.X×PLESK上でWordPressを高速化するための準備その2
記事の概要前回はPLESKが搭載されたCentOS7.xでyumを使用する前にしておくことについて書きました。復習したい方は下記リンクよりどうぞ。PLESKが搭載されたCentOS7.xに搭載されたyumではインストールできるアプリケーションに限りが出てきます。この記事ではyumでインストールできるアプリケーションを増

今回はPLESKを最新版であるPLESK17にする作業を行います。

PLESKを最新版にする方法

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「ツールと設定」をクリックします。

手順3

画面右側の「PLESK」の「アップデートとアップグレード」をクリックします。

手順4

「製品のインストールまたはアップグレード」をクリックします。

手順5

PLESKの最新版を選択し、あとは肯定的な選択肢を選択していくのみです。

まとめ

この記事ではPLESKを最新版にする方法について書きました。

PLESK17ではマウスクリックのみでHTTP/2に対応できたり、「Let's Encrypt」を簡単に導入できたりします。

つまり、PLESKを最新版にすることでSSHでするべき作業を減らせるということなので早めの導入をおすすめします。

前の記事はこちら

CentOS7.X×PLESK上でWordPressを高速化するための準備その2
記事の概要前回はPLESKが搭載されたCentOS7.xでyumを使用する前にしておくことについて書きました。復習したい方は下記リンクよりどうぞ。PLESKが搭載されたCentOS7.xに搭載されたyumではインストールできるアプリケーションに限りが出てきます。この記事ではyumでインストールできるアプリケーションを増

次の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その1:PHP7.xの導入
記事の概要前回までにSSHを使ってyumの設定、epelリポジトリの追加、remiリポジトリの追加、PLESKのアップデートを行いました。今回はPLESKにPHP7.xを導入します。PLESKにPHP7を導入する方法手順1PLESKにログインします。手順2PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「ツールと設定」をク