この記事は約 2 分で読めます ( 約 1075 文字 )

PLESK SSH

記事の概要

前回はPLESKを用いてPHPの設定を行いました。

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その2:PHP7.xの設定
記事の概要前回はPLESKにPHP7.xの導入を行いました。今回は導入したPHP7.xの設定を行います。PLESKにPHP7を導入する方法手順1PLESKにログインします。手順2PLESKの左側メニューの「ホスティングサービス」の「ドメイン」をクリックします。手順3PHPの設定を行いたいドメインを選択します。手順4「P

今回はPLESK上のPHPにapcuを導入します。

PLESKにapcuを導入する方法

今から書く方法はPHP7.0以降のみで使用可能です。それ以外のバージョンでは使用できないのでご了承ください。

今回はPHP7.0にapcuを導入する例について書きます。

SSH側の設定

手順1

Tera Term等のSSHターミナルソフトを利用してサーバーにroot権限でログインします。

手順2

以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。対応したphp-develがインストールされます。

PHP7.0の場合

yum install plesk-php70-devel

PHP7.1の場合

yum install plesk-php71-devel

手順3

以下のコマンドを入力してapcuを導入したいPHPのバージョンのフォルダに移動します。

PHP7.0の場合

cd /opt/plesk/php/7.0/bin

PHP7.1の場合

cd /opt/plesk/php/7.1/bin

手順4

以下のコマンドを入力してapcuをインストールします。
./pecl install --force apcu

手順5

以下のコマンドを入力してapcuの設定ファイルを作成します。

PHP7.0の場合

echo "extension=apcu.so" > /opt/plesk/php/7.0/etc/php.d/apcu.ini

PHP7.1の場合

echo "extension=apcu.so" > /opt/plesk/php/7.1/etc/php.d/apcu.ini

手順6

以下のコマンドを入力してapacheを再起動します。
echo "systemctl restart httpd

PLESK側の設定

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「ホスティングサービス」の「ドメイン」をクリックします。

手順3

PHPの設定を行いたいドメインを選択します。

手順4

「PHP設定」をクリックします。

手順5

PHPの設定画面です。追加ディレクティブに”apcu.enabled=1”と入力し、適用→OKの順にクリックすれば完了です。

まとめ

この記事ではPLESKでPHPのapcuを導入する方法について書きました。

PLESKは複数のPHPが選択できる代わりにapcuの導入もやや複雑になりました。

apcuを導入すると見違えるほどWordPressが高速化されるのでぜひ導入しておきましょう。

前の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その2:PHP7.xの設定
記事の概要前回はPLESKにPHP7.xの導入を行いました。今回は導入したPHP7.xの設定を行います。PLESKにPHP7を導入する方法手順1PLESKにログインします。手順2PLESKの左側メニューの「ホスティングサービス」の「ドメイン」をクリックします。手順3PHPの設定を行いたいドメインを選択します。手順4「P

次の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その4:Let’s Encryptの導入
記事の概要前回はPLESKを用いてPHP-apcuの導入を行いました。今回はPLESKに無料の証明書「Let’s Encrypt」を導入します。PLESKに無料の証明書「Let’s Encrypt」を導入する方法「Let’s Encrypt」のインストール手順1PLESKにログインします。手順2PLESKの左側メニュー