この記事は約 2 分で読めます ( 約 844 文字 )

PLESK SSH

記事の概要

前回はPLESKを用いてPHP-apcuの導入を行いました。

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その3:php-apcuの導入
記事の概要前回はPLESKを用いてPHPの設定を行いました。今回はPLESK上のPHPにapcuを導入します。PLESKにapcuを導入する方法今から書く方法はPHP7.0以降のみで使用可能です。それ以外のバージョンでは使用できないのでご了承ください。今回はPHP7.0にapcuを導入する例について書きます。SSH側の

今回はPLESKに無料の証明書「Let’s Encrypt」を導入します。

PLESKに無料の証明書「Let’s Encrypt」を導入する方法

「Let’s Encrypt」のインストール

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「拡張」をクリックします。

手順3

「Let’s Encrypt」が導入されているかどうかを確認します。導入されていない場合は「拡張カタログ」をクリックします。

手順4

「Let’s Encrypt」の右にある「インストール」ボタンをクリックします。

「Let’s Encrypt」の適用

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「ホスティングサービス」の「ドメイン」をクリックします。

手順3

「Lets'Encrypt」を導入したいたいドメインを選択します。

手順4

「Lets'Encrypt」をクリックします。

手順5

メールアドレスを入力後、ドメインに”www.”を付ける場合は「www.(ドメイン名)代替ドメインとして含めます」にチェックを入れます(ドメイン名のアドレスのみ)。その後、更新等の肯定的な意味のボタンをクリックします。

手順6

手順4と同じ画面に戻るので、「ホスティング設定」をクリックします。

手順7

□で囲んだチェックボックスにチェックを入れ、証明書は先程設定した証明書を選択します。その後、適用する→OKの順にクリックします。

まとめ

この記事ではPLESKに無料の証明書「Let’s Encrypt」を導入する方法について書きました。

昨今GoogleはSSL化したサイトを優遇するようなことを書いている上、SSl化してから自分のサイトの収益も増えてきたような気がします。

サイトが高速化する上、セキュリティも向上し、検索エンジンの評価も向上するといった一石三鳥なので導入しない手はないでしょう。

前の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その3:php-apcuの導入
記事の概要前回はPLESKを用いてPHPの設定を行いました。今回はPLESK上のPHPにapcuを導入します。PLESKにapcuを導入する方法今から書く方法はPHP7.0以降のみで使用可能です。それ以外のバージョンでは使用できないのでご了承ください。今回はPHP7.0にapcuを導入する例について書きます。SSH側の

次の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その5:mod_pagespeedの導入
記事の概要前回はPLESKに無料の証明書「Let’s Encrypt」を導入しました。今回はmod_pagespeedを導入します。mod_pagespeedとは?XServer等で提供されているWordPress等の表示速度を高速化するためのモジュールです。一時期XServer等でしか使用できないと思っていましたが、