この記事は約 2 分で読めます ( 約 1152 文字 )

PLESK SSH

記事の概要

前回はGoogleが提供しているapacheの拡張モジュールである「mod_pagespeed」を導入しました。

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その5:mod_pagespeedの導入
記事の概要前回はPLESKに無料の証明書「Let’s Encrypt」を導入しました。今回はmod_pagespeedを導入します。mod_pagespeedとは?XServer等で提供されているWordPress等の表示速度を高速化するためのモジュールです。一時期XServer等でしか使用できないと思っていましたが、

今回はPLESKを用いてnginxとHTTP/2を導入します。

PLESKにnginxを導入

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「ツールと設定」をクリックします。

手順3

画面右側の「PLESK」の「アップデートとアップグレード」をクリックします。

手順4

「コンポーネントを追加/削除」をクリックします。

手順5

「Web hosting」を展開し、「Nginx web server and reverse proxy server」を展開します。その後、「Nginx Web Server」の左の▽をクリックし、”×”になっている場合は”×”を”✓”に変えます。その後”続ける”をクリックします。

手順6

あとは肯定的な選択肢を選択していくのみです。

PLESKに「Security Adviser」を導入

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「拡張」をクリックします。

手順3

「Security Adviser」が導入されているかどうかを確認します。導入されていない場合は「拡張カタログ」をクリックします。

手順4

「Security Adviser」の右にある「インストール」ボタンをクリックします。

PLESKに「Security Adviser」を使ってHTTP/2を導入

手順1

PLESKにログインしホーム画面を表示させます。

手順2

ホーム画面上部に下記画像のようなものが追加されているので「Check it out」をクリックします。

手順3

下記画像のような画面に遷移するので「System」をクリックします。

手順4

下記画像のような画面に遷移するので「Enable Nginx & HTTP/2」をクリックします。

「nginx」に何もさせたくない場合

手順1

PLESKにログインします。

手順2

PLESKの左側メニューの「ホスティングサービス」の「ドメイン」をクリックします。

手順3

「nginx」に何もさせたくないドメインを選択します。

手順4

「ApacheとNginxの設定」をクリックします。

手順5

「Nginxの設定」の「スマート統計ファイルを処理」、「静的ファイルをnginxで直接処理」のチェックを外し、「適用する」→「OK」の順にクリックします。

まとめ

この記事ではPLESKサーバー上のサイトにHTTP/2を導入する方法について書きました。

HTTP/2を導入するとサイトが高速化されます。特にSSL化したサイトではかなりの効果を発揮します。

SSL化と合わせて導入したい高速化手法です。

前の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その5:mod_pagespeedの導入
記事の概要前回はPLESKに無料の証明書「Let’s Encrypt」を導入しました。今回はmod_pagespeedを導入します。mod_pagespeedとは?XServer等で提供されているWordPress等の表示速度を高速化するためのモジュールです。一時期XServer等でしか使用できないと思っていましたが、