この記事は約 3 分で読めます ( 約 1414 文字 )

PLESK SSH

記事の概要

前回はPLESKを用いてApacheの設定をしました。

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その7:Apacheの設定
記事の概要前回はPLESKを用いてnginxとHTTP/2を導入しました。今回はPLESKを用いてApacheの設定を行います。PLESKでApacheの設定をする方法手順1PLESKにログインします。手順2PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「ツールと設定」をクリックします。手順3画面右側の「PLESK」の「

今回はSSHを用いてTunedの設定を行います。

SSHを用いてTunedの設定をする方法

手順1

Tera Term等のSSHターミナルソフトを利用してサーバーにroot権限でログインします。

手順2

以下のコマンドを入力して現在の状態を確認します。
tuned-adm list

手順3

以下のように表示されるので現在の状態を控えておきます。現在の状態は一番下の行に書かれています。
Available profiles:
- balanced                    - General non-specialized tuned profile
- desktop                     - Optmize for the desktop use-case
- latency-performance         - Optimize for deterministic performance at the cost of increased power consumption
- network-latency             - Optimize for deterministic performance at the cost of increased power consumption, focused on low latency network performance
- network-throughput          - Optimize for streaming network throughput.  Generally only necessary on older CPUs or 40G+ networks.
- powersave                   - Optimize for low power consumption
- throughput-performance      - Broadly applicable tuning that provides excellent performance across a variety of common server workloads.  This is the default profile for RHEL7.
- virtual-guest               - Optimize for running inside a virtual guest.
- virtual-host                - Optimize for running KVM guests
Current active profile: throughput-performance

手順4

以下のコマンドを入力し、Tunedの設定を”throughput-performance”に切り替えます。
tuned-adm profile throughput-performance

まとめ

この記事ではSSHを用いてTunedの設定をする方法について書きました。

Tunedをいじることで若干パフォーマンスを上昇させることができるようです。

些細なことですが実践してみることをおすすめします。

前の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化その7:Apacheの設定
記事の概要前回はPLESKを用いてnginxとHTTP/2を導入しました。今回はPLESKを用いてApacheの設定を行います。PLESKでApacheの設定をする方法手順1PLESKにログインします。手順2PLESKの左側メニューの「サーバー管理」の「ツールと設定」をクリックします。手順3画面右側の「PLESK」の「

次の記事はこちら

CentOS7.x×PLESK上でWordPressを高速化番外編:CloudFlareの導入
記事の概要前回はSSHを用いてTunedの設定をしました。今回はPLESKを用いてCloudFlareの導入を行います。PLESKでCloudFlareを導入する方法CloudFlare側の設定手順1「CloudFlare」のサイトにアクセスします。手順2右上の「Sign Up」ボタンをクリックします。手順3Eメールと