この記事は約 3 分で読めます ( 約 1459 文字 )

all-in-one_wp_migration

記事の概要

この記事ではWordPressの移転方法をWordPressの状態別にまとめます。扱う状態は以下の通りです。

  • そっくりそのまま移転しても問題無い場合
  • なんらかの異常を感じているのでそのままは移転したくない場合
  • なんらかの異常を感じているので環境をリフレッシュしたい場合

そっくりそのまま移転しても問題ない場合

「All-in-One WP Migration」を使ってサクッと移転してしまいましょう。数十分で移転が完了します。

詳細は下記記事を参考にしてください。

WordPressを簡単にそっくりそのまま移転する方法
記事の概要この記事ではWordPress簡単にそっくりそのまま移転できる「ServMask」氏の「All-in-One WP Migration」を紹介します。「All-in-One WP Migration」とは?WordPressをそっくりそのまま移転したい時に役立つプラグインです。「All-in-One WP M

なんらかの異常を感じているのでそのままは移転したくない場合

WordPressのエクスポート&インポート機能を使って移転します。

移転元の操作

手順1

WordPressのエクスポート機能を使って記事等のデータをエクスポートします。
WordPressの記事やカテゴリ等の移転する方法
記事の概要この記事ではWordPressの記事やカテゴリ等の移転の際に使える「wordpressdotorg」様の「WordPress Importer」を紹介します。「WordPress Importer」とは?WordPressの記事やカテゴリ等の移転の際に使えるプラグインです。「WordPress Importe

手順2

「Widget Importer & Exporter」を使ってウィジェットのデータをエクスポートします。
WordPressのウィジェットを簡単に移転する方法
記事の概要この記事ではWordPressのウィジェットの移転の際に使える「Steven Gliebe」様の「Widget Importer & Exporter」を紹介します。「Widget Importer & Exporter」とは?WordPress移転時にウィジェットを簡単に移転できるプラグインです。「Widg

手順3

「Code Snipets」を導入している場合はそのデータもエクスポートします。
「Code Snipets 」のコードを簡単に移転する方法
記事の概要この記事では「Code Snipets」のコードを簡単に移転する方法を紹介します。「Code Snipets」のコードを簡単に移転する方法移転元の操作手順1WordPressの管理画面にログインします。手順2管理画面の左メニューの”Snipets”にカーソルを持っていき、”Manage”をクリックします。手順

手順4

「Simple Custom CSS&JS」等のWordPressを拡張するプラグインを使用している場合はその内容をテキストファイルに保存しておきます。

移転先の操作

手順1

移転先にWordPressをインストールしておきます。

手順2

WordPressやプラグイン等(キャッシュ系・バックアップ系・リンクチェック系を除く)の設定をしておきます。

手順3

「Code Snipets」を導入している場合は「Code Snipets」をインストール後そのデータをインポートします。
「Code Snipets 」のコードを簡単に移転する方法
記事の概要この記事では「Code Snipets」のコードを簡単に移転する方法を紹介します。「Code Snipets」のコードを簡単に移転する方法移転元の操作手順1WordPressの管理画面にログインします。手順2管理画面の左メニューの”Snipets”にカーソルを持っていき、”Manage”をクリックします。手順

手順4

「Widget Importer & Exporter」をインストールし、それを使ってウィジェットのデータをインポートします。
WordPressのウィジェットを簡単に移転する方法
記事の概要この記事ではWordPressのウィジェットの移転の際に使える「Steven Gliebe」様の「Widget Importer & Exporter」を紹介します。「Widget Importer & Exporter」とは?WordPress移転時にウィジェットを簡単に移転できるプラグインです。「Widg

手順5

「Simple Custom CSS&JS」等のWordPressを拡張するプラグインのデータを復旧しておきます。

手順6

「WordPress Importer」を使って記事や画像等のデータをインポートします。上手くいった場合は手順7へ。そうでない場合は手順6-1へ。
WordPressの記事やカテゴリ等の移転する方法
記事の概要この記事ではWordPressの記事やカテゴリ等の移転の際に使える「wordpressdotorg」様の「WordPress Importer」を紹介します。「WordPress Importer」とは?WordPressの記事やカテゴリ等の移転の際に使えるプラグインです。「WordPress Importe

手順6-1

「WordPress Importer」でのインポートが上手くいかない場合、移転元から画像をダウンロードし、移転先にアップロードします。

手順6-2

「Media from FTP」とWordPressのエクスポートファイルを利用して画像をインポートします。
FTPでアップロードした画像をメディアライブラリにインポートする方法
記事の概要この記事ではWordPressのFTPでアップロードした画像をメディアライブラリにインポートできる「Katsushi Kawamori」様の「Media from FTP」を紹介します。「Media from FTP」とは?WordPressのWordPressのFTPでアップロードした画像をメディアライブラ

手順6-3

「WordPress Importer」で画像以外のデータをインポートします。
WordPressの記事やカテゴリ等の移転する方法
記事の概要この記事ではWordPressの記事やカテゴリ等の移転の際に使える「wordpressdotorg」様の「WordPress Importer」を紹介します。「WordPress Importer」とは?WordPressの記事やカテゴリ等の移転の際に使えるプラグインです。「WordPress Importe

手順7

インポートされなかったウィジェットを設定したり、メニューを設定したりします。

なんらかの異常を感じているので環境をリフレッシュしたい場合

手順1

新規サブドメインを取得してそのサブドメインに対して「なんらかの異常を感じているのでそのままは移転したくない場合」の手法を実行します。

手順2

メインサイトのWordPressを削除し、再度インストールします。

手順3

メインサイトとサブサイトの双方に「All-in-One WP Migration」をインストールし、それを使用してサブサイトの内容をメインサイトにコピーします。
WordPressを簡単にそっくりそのまま移転する方法
記事の概要この記事ではWordPress簡単にそっくりそのまま移転できる「ServMask」氏の「All-in-One WP Migration」を紹介します。「All-in-One WP Migration」とは?WordPressをそっくりそのまま移転したい時に役立つプラグインです。「All-in-One WP M

まとめ

この記事では考えられる3つのシチュエーションでのWordPressの移転(?)方法について紹介しました。

特にサイトをリフレッシュしたい場合は紹介した方法を実践することでメインサイトのダウン時間を最短にすることができます。

現在の状況に合わせて最適な手法で移転することをおすすめします。