この記事は約 2 分で読めます ( 約 912 文字 )

wp-optimize

記事の概要

WordPressのデータベースにはリビジョンや自動保存データ・スパムコメント等不要なデータが溜まりがちです。

この記事では、そういった不要なデータを削除することでWordPressのデータベースを最適化できる「Ruhani Rabin」氏の「WP-Optimize」を紹介します。

「WP-Optimize」とは?

簡単なマウス操作のみでWordPressのデータベースを最適化できるWordPress用のプラグインです。

「WP-Optimize」の導入方法

手順1

WordPressの管理画面にログインします。

手順2

管理画面の左メニューの”プラグイン”をクリックします。
wp_plugin-001

手順3

”プラグイン”の中の”新規追加”をクリックします。
wp_plugin-002

手順4

画面右上の検索欄に”WP-Optimize”と入力します。
wp-optimize_001

手順5

下記画像のプラグインを探して”インストール”をクリックします。
wp-optimize_002

手順6

”インストール”のボタンが”インストール中”を経て”有効化”ボタンに変わるので、”有効化”ボタンをクリックしたらインストールは完了です。

「WP-Optimize」の使用方法

手順1

WordPressの管理画面の左メニューの”WP-Optimize”をクリックします。
wp-optimize_003

手順2

左側の部分の最適化したい部分にチェックを入れ、右側の”Optimize database tables”にチェックを入れ、”PROCESS”をクリックします。
wp-optimize_004

「WP-Optimize」の設定方法

手順1

「WP-Optimize」の上部メニューの”Settings”をクリックし、設定を行います。左側は基本的な設定、右側は自動最適化の設定です。設定が完了したら”SAVE SETTINGS”または”SAVE AUTO CLEAN-UP SETTINGS”をクリックします。
wp-optimize_005

まとめ

この記事では、WordPressのデータベースを最適化できる「WP-Optimize」を紹介しました。

WordPressを使用しているうちに不要なデータが蓄積しがちなのでデータベースの最適化は適宜行いたいですね。

面倒に感じる方は自動最適化の設定もしてしまいましょう!!

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。